木は、何がいいのか?①

2013年2月23日

「 木は、何がいいのか?① 」

日本の森を守るプロジェクト。

「適材適所」

という言葉があります。

これって、大工仕事における木の
使い方から生まれた言葉なんです。

木の種類や、1本1本の特性に応じて、
この木は大黒柱に、この木は床に……
と、使い分けたことが語源だそうです。

「適材適所」は古代にまで、
さかのぼります。

かの有名な「日本書記」には、
スサノオノミコトが、自分の体毛を抜いて
木に変え、人々にその用途を教えたという
エピソードが出てくるそうです。

スサノオノミコトは、スギとクスは船に、
マキは棺にと、使い方を教えました。

そして、ヒノキは宮殿に使うようにと
指示したそうです。

ヒノキは、木目がきれいで気品も備わり、
耐久性がとても高いのです。

1000年以上も昔、神話の時代から、
身分の高い者の宮殿に使われてきたヒノキ。

そう考えると、いかに長く日本人に愛され、
必要とされてきた価値ある木材なのか、
改めてわかります。

写真は、そのヒノキの中でも
良質な東濃檜の森。

多くの人が、この森を守るため、
今も、努力と工夫をしています。

1000年続く物語は、今も続いているのです。

(一部出典 森と木と人の暮らし)

 

土地探しや家づくりの資料請求・小冊子どこで建てても役立つプレゼントは無料です。どの資料も家づくりのコツやノウハウが満載です。資料やお問い合わせされても、売り込みや訪問営業は一切しません!ぜひ、この機会にあなたの家づくりにお役立てください。お待ちしております!インターネットからの資料請求&無料プレゼントはこちら

東陽住建株式会社 代表取締役社長 中井義也

メールやパソコンが苦手な方は、ご相談だけのお電話だけでも大歓迎!!もちろん匿名での電話もOK!売り込み営業もしません。ご安心ください!

電話番号 0120-012-106(営業時間 9:00〜18:00 定休日 水曜日)

インターネットからの資料請求&無料プレゼントはこちら