富士山のこと

2013年5月9日

「 富士山のこと 」

富士山が世界遺産に登録されるようです。
世界遺産には、種類があり、

○文化遺産
例えば、「姫路城」「原爆ドーム」
○自然遺産
例えば、『屋久島」「知床」

に分けられます。

富士山は、当初、自然遺産として
登録が検討されていたようですが、

・開発が進み過ぎていること
・自然が保護されていないこと

などから、申請すらできない状態
だったようです。

そして、方針を変え、文化遺産として、
登録をする方針に変えられ、今回の登録に
つながったようです。

登録に際して、問題の一つが、
「ゴミ問題」です。

ゴミ問題に取り組む団体の方のお話ですと、
このゴミ問題も、ボランティアの方や
山小屋富士山の五合目以上、
つまり登山者が多く利用する登山道周辺では、
ごみをみかけることはほとんどなくなって
いるようです。

ボランティアや山小屋の方々の努力
によって清掃が行なわれ、ごみが取り除かれ、
何よりも、登山者自身がごみを捨てず、
ごみ袋を携行して持ち帰るというマナーが
徹底してきたためでもあります。

まだ、産廃などの不法投棄されたものなどが、
残っているようなので、完全ではないですが、
ゴミ問題には、大きく前進したと言えるでしょう。

この話を聞いて、
山の人たちと色々と話をしました。

その中で、出た話です。。。

「富士山のゴミ問題の前進を
見習わないといけない。

多くの方が、この問題に真剣に
取り組み、いい続けてきたことによって、
マナーが徹底し、人の行動が変わった。

森の問題も、私たちが、もっと
PRして、多くの方に知ってもらうことで、
国産材を使うという意識をもってもらえる。

やっぱり、ちゃんと言い続けて、
PRしないとな。」

私もこの活動をしてきて、本当に
そう思います。

国産材を使おうと
言い出した歴史は、まだ本当に浅いですが、
ただ、ピンチなのは、富士山より深刻だと
思います。

国産材の問題については、

木を切ってもいいのかシリーズ
https://www.facebook.com/japanwoods

も合わせて、ご覧いただくと
うれしいのですが、日本の環境全てに
関わる問題です。

そして、今、語られるべき問題の
一つです。

国産材は、現在も20数%しか、全体の
木材の利用量の中では使われていません。

理由は、様々ですが、
富士山がゴミ問題を前進させ、
世界遺産に登録されるように日本の森も
絶対に守れる。

そして、誰もが、WIN・WINの関係に
することができる。

その仕組みを今、プロジェクトで
進めています。

まずは、あなた様に、日本の森のこと
ちょっとでも知っていただき、応援いただけたら
うれしいです。

※FBページにいいね!をしていただけると
少しでも多くの方に情報が伝わります。
応援していただけるとうれしいです。

日本の森を守るプロジェクト
https://www.facebook.com/japanwoods

ご協力ありがとうございます。

土地探しや家づくりの資料請求・小冊子どこで建てても役立つプレゼントは無料です。どの資料も家づくりのコツやノウハウが満載です。資料やお問い合わせされても、売り込みや訪問営業は一切しません!ぜひ、この機会にあなたの家づくりにお役立てください。お待ちしております!インターネットからの資料請求&無料プレゼントはこちら

東陽住建株式会社 代表取締役社長 中井義也

メールやパソコンが苦手な方は、ご相談だけのお電話だけでも大歓迎!!もちろん匿名での電話もOK!売り込み営業もしません。ご安心ください!

電話番号 0120-012-106(営業時間 9:00〜18:00 定休日 水曜日)

インターネットからの資料請求&無料プレゼントはこちら