いつかくる。その時のために

2013年8月25日

『 可能性 』

「いつかくる。その時のために。。。」

本日、愛知県一宮市では、一宮市
総合防災訓練が行われる予定でしたが、
雨のため、中止となってしまいました。

ただ、i-wave(FMいちのみや)では、

「やがて来る災害に備える~地域防災の心得」

という防災特別番組を放送していて、
ゲスト出演してきました。

いつか来るという、可能性のために、
今から、準備、備えをしていかなければ
なりません。

今日お話しした内容を私自身も記録に
とどめておきたいので、この場を
利用させてください。

—————————————
「今、取り組むべき防災について」

防災というと、いろいろな
意味があげられます。

一人一人が自ら取り組む「自助」
地域や身近にいる人同士が助け合い取り組む「共助」
国や地方公共団体などが取り組む「公助」

どれも、重要なのですが、
今、国は、何が重要だと
いっているかというと、

「減災」

災害による被害をできるだけ少なくする。

そのために、重要なのは、「自助」
自ら、災害に備えておくということを
実施しないといけないのです。

その、具体的な対策は、

「安全にする」

ということです。

①自分が安全かどうか確認する
●ハザードマップを確認しておく。
ハザードマップは、災害がおきたとき
どのような被害が起きるかを想定したときの
ものですが、東日本大震災では、それ以上の
被害が起きました。

大切なのは、
・想定を信じない
・被害が起きたとき、その状況で最善をつくす
・率先して避難者になる

ということです。

●避難場所、逃げる場所、日頃から家族で
確認しておくことも大切でしょう。

②家具の転倒
この近年の大地震で、家具転倒による
被害は、29.4%~40%でした。
しかし、現在、対策されている家庭は、
25%ほど。

家具は、必ず倒れるものとして、
考えておくのがいいでしょう。

固定金物は、ちゃんと効果のある
取付方法が決まっています。
ちゃんと確認して、効果のある利用を
しましょう。

③家を安全にしておく
●家で災害が起きたとき、
どうしておくかは、ちゃんと決めておかなければ
なりません。

●自分の家について、よく知っておくのも
大切です。

・ご自宅にある、設備・家具類が、
どのような対策が取られてあるか、
確認しておきましょう。

・メンテナンス、点検をしておきましょう。
家というのは、壊れているところ、
弱っているところから壊れていきます。
定期的に、メンテナンスを
行っていくことが重要です。

・防災のお金についても日頃から
考えておきましょう。

住まいのメンテナンス費や防災の備えに
ついては、定期的にお金がかかります。

こういった費用は、日頃から、
考えておくことが必要です。
将来の可能性に備えて準備しておかれるのが
いいでしょう。

・火災保険や地震保険も確認しましょう。
実際に被害にあわれたとき、実際には、
お金が必要になります。

そうした場合、保険は、備えておくために
重要な選択となるでしょう。
ご自身が今、どんな保険に入っていて、
どのような保険が出るか?

しっかりと確認されておくのがいいでしょう。

安全にするために
①自分が安全かどうか確認する
②家具の転倒
③家を安全にしておく

この3つを確認しておきましょう。

また、合わせて、耐震についても
考えていきましょう。

S56年5月31日以前の住宅は、
建築基準法改正前のお住まいと
なりますので、耐震補強が必要になる
ケースが多いです。

補強には、いろいろな方法が
ありますが、お住まいに合わせて
効果的な方法があります。

それを知るためにも、上記に
当てはまる方は、市町村で
行われている、無料の耐震診断を
受けられるのをお勧めいたします。

今後、備えておくためにも
いずれは、対策が必要です。

今、消費税が上がるのだと
思いますが、焦ってする必要は
ありません。

ただ、自分のお住まいの状態を、
ちゃんと確認しておくのは、
重要ですので、市役所が行う
無料の耐震診断をお勧めします。

「いつか来るその時のために」

今から、備えて、いざというときに
被害を減らす「減災」について、
今一度、ご家族で、地域で話し合って
みてください。

——————————–

上記のような内容を
お話ししました。

ラジオは、災害時、とても有効な
情報伝達手段だと思います。

今日は、雨で、一宮市の防災訓練は行われ
ませんでしたが、ご家族皆さんで、
考えるには、いい機会です。

ご家族で集まった時、
そういった話題のきっかけに
なればうれしいです。

読んでいただいてありがとうございます。
ステキな日曜日をお過ごしください。

土地探しや家づくりの資料請求・小冊子どこで建てても役立つプレゼントは無料です。どの資料も家づくりのコツやノウハウが満載です。資料やお問い合わせされても、売り込みや訪問営業は一切しません!ぜひ、この機会にあなたの家づくりにお役立てください。お待ちしております!インターネットからの資料請求&無料プレゼントはこちら

東陽住建株式会社 代表取締役社長 中井義也

メールやパソコンが苦手な方は、ご相談だけのお電話だけでも大歓迎!!もちろん匿名での電話もOK!売り込み営業もしません。ご安心ください!

電話番号 0120-012-106(営業時間 9:00〜18:00 定休日 水曜日)

インターネットからの資料請求&無料プレゼントはこちら