2015年ショック?

2013年10月6日

日本の森を守るプロジェクト。

「2015年ショックがおこる?」
業界紙に、そんな話題が掲載されています。

日本の森も、今、岐路に立たされて
います。

先日、安倍首相が、消費税増税を
発表しました。

消費税増税により、どんなことが
予想されるかというと、住宅の着工戸数が
減り、木材の利用が減ってしまうことです。

2013年度の住宅着工戸数予測は、
約93万戸とされています。

昨年度は、89万戸、一番少なかったのは、
2009年度の77万戸。
それと比べ、消費税の関連の駆け込みも
あり、今年、そして来年まで、着工は、
続いていくでしょう。

そして、その後です。
政府では、消費税の対策に色々と税制
が発表されていますが、それでも
消費税が10%になれば、一時的に
住宅需要は冷え込むでしょう。

また、それ以外にも原因は、いくつも
挙げられます。

例えば、中古住宅流通の活性化。
こちらについても、現在日本のあき家率は、
13.1%前後、20%~25%とも言われています。

もちろん、こちらも問題で、
政府は、色々な補助制度を用意して
います。

そういった背景を思うと
日本の林業、森は、これからも
守られていくのでしょうか?

バイオマス燃料や合板などに
利用されていく流れもありますが、
住宅着工が減れば、それだけ使われる
量が減るのは、間違いないでしょう。

「森は、岐路に立たされている」

森を守るには、循環する仕組みを
つくっていく。木が使われる仕組みを
つくらないといけません。

森に関わるものは、木の良さ、
木の使い方を積極的に提案していくことが、
必要でしょう。

そして、多くの方には、
森のことは、非日常です。
「2015年ショック」といわれても
ピンとこないのが、普通です。

だからこそ、少しでも
日本の森についても知ってほ強いですし、
それだけで、少しずつ変わっていくと
思うのです。

日本の森を守るプロジェクト
https://www.facebook.com/japanwoods

では、日本の森について、
色々なテーマで書いてあります。
ご覧いただけたらうれしいです。

土地探しや家づくりの資料請求・小冊子どこで建てても役立つプレゼントは無料です。どの資料も家づくりのコツやノウハウが満載です。資料やお問い合わせされても、売り込みや訪問営業は一切しません!ぜひ、この機会にあなたの家づくりにお役立てください。お待ちしております!インターネットからの資料請求&無料プレゼントはこちら

東陽住建株式会社 代表取締役社長 中井義也

メールやパソコンが苦手な方は、ご相談だけのお電話だけでも大歓迎!!もちろん匿名での電話もOK!売り込み営業もしません。ご安心ください!

電話番号 0120-012-106(営業時間 9:00〜18:00 定休日 水曜日)

インターネットからの資料請求&無料プレゼントはこちら