ある日突然やってくるもの

2013年12月5日

【 ある日突然やってくるもの 】

「ピンポーン」
「○○さん、こんにちは、ところで、お宅のヤバイですよ!」

そういって、突然きたそうです。

昨日、私の親戚の家に、
やってきたお家の外壁塗装の飛び込み営業の
方がやってきました。

「もう、外壁が水にしみていて、今すぐやらないと
中には、水が入っていますよ!」
「屋根も、ヤバイです。雨漏りしていないですか?」
「これ、早く処置しないと大変なことになりますよ!」

それを聞いた奥様は、
「えっ、でも10年前にやったばかり」
「うちって、そんなに悪いの?」
「すぐにやらないといけないと。。。」

不安に思って、電話をかけてくれました。

実は、今、外壁塗装は、ここぞと
ばかりに、かなり飛び込みがされているようです。

・消費税が上がる前に終わっておくほうがいい
・この時期だから、キャンペーン
・依頼するならとりあえず予約しておいて!
・数年後にやるなら今でしょ!
・モニターになって!

と、営業マニュアルにそって、
話していきます。

家の外壁塗装って、家の新築時に
説明聞いたけど、いつやればいいのかわからないし、
何をすればいいのかわからない方が
多いと思います。

塗料についても、
アクリル、シリコン、ウレタン、フッ素。。。
それぞれあるし、説明聞いたら、
それがいい気がします。

そもそも、外壁にメンテナンスって
必要なの?

という方も多いでしょう。

この営業マニュアル、機会があり、
見せてもらいました。

なるほど、よくできています。
これを聞いたら、不安になり、やらないと
という気持ちになってしまうと思います。

外壁塗装については、
多くの方が、知識を持ち合わせていないですし、
よく分からないと思います。

塗装は、建物を守るためにします。
ご家族の大切な家という財産を守る上で、
大切なメンテナンスです。

定期的にメンテナンスがいる分、
適切な方法と、ちょっとした知識が必要です。

先日、コミュニティーラジオでも
お話したのですが、親戚に、

「家の外壁塗装を頼む前に、これだけは
知っておきたい10のポイント」

をお伝えしました。

話を聞くと、10年前も、
飛び込み業者さんに言われて、やったそうです。
その時は、色の間違いや、説明違いなどがありましたが、
ずっと大丈夫と言われていたそうです。

「家」という大切な財産を守る上で、
ちょっとした知識を手に入れることと
信頼できる業者にプロのちゃんとしたアドバイスを
受けられることが必要です。

そして、その前にもっと大切なことがあります。

ある日、突然、やってきても、
その時、びっくりしないようにするには、
事前に、メンテナンス時期はいつなのか?
どんなことをしておかないといけないのか
知っておくことが、適正に家を守るためには、
必要です。

お住まいを建てられた業者さんや、
信頼できる建築屋さんにぜひ、聞いてみて
くださいね。

写真は、私の自宅。
私の家にも飛び込み営業が来ます。

妻が出たのですが、家の寿命を
伸ばす塗装をする営業でした。

そんなことしたら、現在の塗膜の
保証が切れちゃいます。

ある日突然来ても、驚かないで
すむように、家のメンテナンスのこと
知っておいてくださいね。

もし、詳しいメンテナンス情報については、
私までお尋ねください。
資料、お送りしますね(^^♪

土地探しや家づくりの資料請求・小冊子どこで建てても役立つプレゼントは無料です。どの資料も家づくりのコツやノウハウが満載です。資料やお問い合わせされても、売り込みや訪問営業は一切しません!ぜひ、この機会にあなたの家づくりにお役立てください。お待ちしております!インターネットからの資料請求&無料プレゼントはこちら

東陽住建株式会社 代表取締役社長 中井義也

メールやパソコンが苦手な方は、ご相談だけのお電話だけでも大歓迎!!もちろん匿名での電話もOK!売り込み営業もしません。ご安心ください!

電話番号 0120-012-106(営業時間 9:00〜18:00 定休日 水曜日)

インターネットからの資料請求&無料プレゼントはこちら