芋とキムタクの話

2014年10月12日

「芋とキムタクの話」
先日、筆文字教室に参加してきました。
このときの言葉が、

『おなじ芋でも、皆ちがう
みんなちがっていいんだよ』

こういう言葉って、いろんな書籍に
掲載されているし、大事な言葉だと
思う。

私が、一番印象深いのが、
木村拓哉さん主演のドラマ「チェンジ」
で、国会議員から、総理大臣になり、
さまざまな問題を解決するある1話。

確か、アメリカの大使が来るという
会で、農業関連の交渉の際に、どうその
交渉を乗り切るかという回でした。

そのときにの
ドラマの中のセリフが、とても、いいんです。

================

総理:
以前僕は小学校の教師をやっていたんです。
去年は、5年生を受け持っていたんですけど、
とにかく、よく喧嘩するんですよ。

でも中には、陰湿なものとかがあって、
そこからいじめにつながっちゃったりも
するんですけど、そういう問題があった
ときには、僕は子供たちにこういうふうに
言っていました。

「考えよう」って。

クラスメイトなんだから、気に入らない事
とか納得できない事があったら、自分の言いたい事は
ちゃんと相手に言って、相手の言うことは
ちゃんと聞いて、それでお互いとことん
考えようって。

そうすれば…

秘書官:
わかり合える。。。

総理:
いいえ。
相手と自分は違うんだと言うことに
気づくんです。

同じ人間だと思ってるから、ちょっと
否定されただけでむかついたり、
誰かが一人別行動をとったら、
なんだあいつって、そっから喧嘩とかいじめが
始まるんです。

でも、同じ人間なんていないじゃないですか。
みんな、考え方も事情も違う人間ですよね。

だから僕は子供たちに、自分と相手は
違うんだって事を理解してほしかったんです。

その上で、じゃあ、どういう言葉を使えば
自分の気持ちが相手に伝わるのか、どうすれば
相手を説得できるのか、そこを考えろって
言ってきました。

=====================

人は、皆違う。

だからこそ、どう伝えるのか?伝わるのか?
発信するものの責任というのは、いつも
問われますね。

おなじ芋でもみな違う。

だからこそ、その違いを知り、自分と
相手は違うんだということを理解する。

筆で文字を書いていて、
そんなことを感じました。

書というのは、いいですね。
いろんな気付きを与えてくれます。

 

土地探しや家づくりの資料請求・小冊子どこで建てても役立つプレゼントは無料です。どの資料も家づくりのコツやノウハウが満載です。資料やお問い合わせされても、売り込みや訪問営業は一切しません!ぜひ、この機会にあなたの家づくりにお役立てください。お待ちしております!インターネットからの資料請求&無料プレゼントはこちら

東陽住建株式会社 代表取締役社長 中井義也

メールやパソコンが苦手な方は、ご相談だけのお電話だけでも大歓迎!!もちろん匿名での電話もOK!売り込み営業もしません。ご安心ください!

電話番号 0120-012-106(営業時間 9:00〜18:00 定休日 水曜日)

インターネットからの資料請求&無料プレゼントはこちら