借金が減る!?|一宮市の木の家の住宅会社。東陽住建

2015年1月3日

あけましておめでとうございます。
お正月3日目です。
いかがお過ごしでしょうか?

さて、昨日のブログで書いた
貯金の話の続きです。

簡単に言うと、

国の政策が2%インフレで動いているので、
物価が2%上がる。
お金の価値は、2%減る。

貯金金利は、0.02%程度。

1年間銀行に100万円を預けたとすると、
200円の金利がつきますが、2万円の
価値が下がっています。

単純計算すると、10年後には、
約82万円までに価値が下がってしまう。

というお話をしました。

貯金をしているはずなのに、
どんどんと資産が減っていくという
状況になるのです。

さて、そんな状況で、
今回は、借金について、考えて
みましょう。

借金と言えば、家づくりやリフォームを
お考えの方に大事なのは、「借金は減る」
ということです。

現金の価値が下がるということは、
借金の価値も下がるということになります。

固定金利の借金(住宅ローン)などは、
お金の価値が下がるので、負担が
軽くなるということが、考えられます。

今、国が考えている2%物価上昇も、
簡単に言うと、インフレになると、企業の
売上が上がり、給料も税収も上がります。

例えば、100万円の借金をしていたとして、
元々の給料が、25万円だったとします。

インフレが進行して、給与が上がり、
50万円になったとすると、借金は半分に
なったということになります。

上記は極端な例で、もう少し細かく
見てみると、色々な計算が必要です。

ただ、考えておかないといけないのは、
もし、家を建てよう、リフォームをしよう
というときに、頭金が用意できるまでお金を
ためようと思うのは、かなりのリスクが
あるということです。

一生懸命お金をためている
間に、お金の価値が目減りしてしまう
のです。

これからは、人口が減っていくという局面で、
様々な国策がうたれていきますが、
基本として、国は、消費を促す。特に、
住宅政策というのは、お金が動く分、
重要な位置づけとされています。

2017年度の税制大綱を見ると、
様々な税制の優遇が用意されているようです。

ここで、重要なのは、
だから、はやく家を建てましょう、リフォーム
しましょう。ということではありません。

もう一度、家族で、家のことを
考え、資産について、国の大きな流れと
ともに、考えておくことが、大切なのです。

より、詳しい内容については、
セミナーでお話していますが、
家族で、資産のこと、お金のことを
ちゃんと話すのは、すごく大事ですね。

土地探しや家づくりの資料請求・小冊子どこで建てても役立つプレゼントは無料です。どの資料も家づくりのコツやノウハウが満載です。資料やお問い合わせされても、売り込みや訪問営業は一切しません!ぜひ、この機会にあなたの家づくりにお役立てください。お待ちしております!インターネットからの資料請求&無料プレゼントはこちら

東陽住建株式会社 代表取締役社長 中井義也

メールやパソコンが苦手な方は、ご相談だけのお電話だけでも大歓迎!!もちろん匿名での電話もOK!売り込み営業もしません。ご安心ください!

電話番号 0120-012-106(営業時間 9:00〜18:00 定休日 水曜日)

インターネットからの資料請求&無料プレゼントはこちら