注文住宅の時に水について考えること

2017年5月9日

こんにちは!
今日もブログ読んでいただいて、ありがとうございます。

昨日、ちょっと食べすぎてしまった中井義也です。
今日は、動いて動いてやせまくります(笑)

今日は、ゴクゴクの日だそうです。
五(ご)九(く)のごろ合わせで、ゴクゴク飲んで爽快感を
味わうとともに、水資源が不足している地域でも飲めるように
水環境について考える日だそうです。

水はどこから来るのか?を
考えると、実は、結構複雑なルートを通ります。

家の中には、蛇口等、水の最終出口がありますが、
ここまで来るのに、想像してみると。。。

地域の浄水場を通り、ダムから流れる川をたどり、その水は、
山から。。。

と調べてみると、いろいろなルートで
私たちの家に水が来ています。

マンションとかになると
もっと複雑になりますね。

さて、家をつくろうと思うと
水についても考えなければならないです。

水道水の水とはどんなものか?
普段飲む水はどんなものか?
蛇口をどんなものにするか?
お湯はどうやって沸かすのか?

などなど考えていくと、様々な選択肢が出てきます。

お家の水を考えるときのポイントは、

  • 浄水について
  • 蛇口等水回りの使い勝手について
  • 配管計画について

考えてないといけないです。

■浄水について
浄水。簡単に言うと水をきれいにして水道水を飲む使うということに
なります。

愛知県一宮市は、データで見ても比較的水はきれいですが、
厳密にいうと様々な物質が入っているのと、蛇口のきれいさなどにも
影響されます。

私は、浄水せず使っていますが、
お水は、体のほぼ大半を形成しているものですので、
気にされる点でしょう。

これについては、ショールームにも展示がありますので、
ご参考にされてください。

■蛇口等水回りの使い勝手について
水廻りは、お家の計画でも大きなポイントになります。
だからこそ、こだわっていただきたいところになりますが、
実際の使い勝手は、ショールームでも
展示がございますので、ぜひ、一度試してみるといいと思います。

あとは、工事後に水道の蛇口のフィルターに
ごみ等がたまっている可能性がありますので、
そのあたりのチェックは必要ですね。

■お湯をどうやって沸かすのか?
これは、熱源の問題ですね。
オール電化にするのか?ガスにするのか?ボイラーにするのか?

それにより、生活のライフスタイルも違ってきますし、
最近では生活のランニングコストも変わってきます。
この点は、ライフプランなどにも関わってきますし、
これから先、より自由化の動きが加速してきますので、
様々なプランが出てきます。

生活に密接した「エネルギーの問題」です。
また、どの熱源にもメリットデメリットがありますので、
選ぶときは、それを理解したうえで、ご検討していただくと
いいでしょう。

ーーー

何にしても、お水は、毎日使うものですから
家づくりの際は、意識して検討事項に加えて
いきたいですね。

5月14日は、東陽住建住まいのバスツアーを開催。
驚き価格のびっくり旅行です。

私も楽しんできます!!

土地探しや家づくりの資料請求・小冊子どこで建てても役立つプレゼントは無料です。どの資料も家づくりのコツやノウハウが満載です。資料やお問い合わせされても、売り込みや訪問営業は一切しません!ぜひ、この機会にあなたの家づくりにお役立てください。お待ちしております!インターネットからの資料請求&無料プレゼントはこちら

東陽住建株式会社 代表取締役社長 中井義也

メールやパソコンが苦手な方は、ご相談だけのお電話だけでも大歓迎!!もちろん匿名での電話もOK!売り込み営業もしません。ご安心ください!

電話番号 0120-012-106(営業時間 9:00〜18:00 定休日 水曜日)

インターネットからの資料請求&無料プレゼントはこちら