東陽住建東白川村自然乾燥センター

2017年7月18日

一宮市で東農桧を使用した木の家を造っている東陽住建の中井 修です。

東陽住建では、木の特性を生かした木の使い方をしています。

木材は高温乾燥(120℃)で乾燥してしまいますと木の油分まで取れてしまいます。ですから弊社では低温乾燥および中温乾燥した木材を使用します。

そのことにより東農桧の艶や香りそして粘り強さも保たれ東農桧の特性を生かしながら住宅の資材として使用します。

又弊社では24㎝角の大黒柱や厚鴨居(22㎝×24㎝)など使用いたしますのでそのような大径木は、中々乾燥しないので東白川村にある当社の東白川村乾燥センターにて1年から3年自然に乾燥させています。

そのように手間暇をかけて木の特性を生かしながら住宅を造っています。

東陽住建の東白川村乾燥センター

常時150本から200本乾燥させています。

乾燥した古い日付けから使用し随時補充しています。

土地探しや家づくりの資料請求・小冊子どこで建てても役立つプレゼントは無料です。どの資料も家づくりのコツやノウハウが満載です。資料やお問い合わせされても、売り込みや訪問営業は一切しません!ぜひ、この機会にあなたの家づくりにお役立てください。お待ちしております!インターネットからの資料請求&無料プレゼントはこちら

東陽住建株式会社 代表取締役社長 中井義也

メールやパソコンが苦手な方は、ご相談だけのお電話だけでも大歓迎!!もちろん匿名での電話もOK!売り込み営業もしません。ご安心ください!

電話番号 0120-012-106(営業時間 9:00〜18:00 定休日 水曜日)

インターネットからの資料請求&無料プレゼントはこちら