ひのき3000本プロジェクト

環境保全につながる社会貢献活動は、「無理して良いことをする」のではなく、「誰でも無理なく参加できる」ものでなくてはなりません。そして、継続することが欠かせません。

その一環として東陽住建では、東濃桧の家を建てるご契約をされたお客様に、その家の柱の全部を「無償提供」するという大胆なプロジェクトに取り組んでいます。
このプロジェクトは、東濃桧の原産地である岐阜県東白川村のご協力のもと、東白川村森林組合・東白川製材協同組合・東濃桧白川プレカット協同組合との連携を図り、平成21年から進めてきた活動です。

活動の目的は、東濃桧の良さを広く知っていただくと共に、森を循環させるために「木を使う」ということ。
化学物質を使用しない天然桧の無垢材を使った家づくりは、特に小さなお子様がいるご家族には、健康に配慮できると同時に、子どもたちの未来のために森を守る活動に参加できると好評です。

このプロジェクトは、無償提供が3,000本に達した時点で終了となります。無垢の家をお安く建てられ、環境にも貢献できる今がお得ですので、ぜひこの機会にご検討ください。

国産の木材は高価であるべきではない!

私たちの「いい家」づくりには、良質な木材の継続的な供給が欠かせません。そのために、森林の環境に『真に循環するしくみ』をつくることを活動の大きな軸と考えています。

木材は本来、国内で生産され、国内で消費される、つまり地産地消されるべき産物です。一方で、国産桧が「高価」とされるのは、原木が製材されたのちに、いくつもの流通を経てようやく家の材料となるという、今の住宅業界の流通事情も一つの原因です。

価値のある良い木材を、可能な限り適正価格でお客様のもとへお届けしたい。私たちはこの想いを実現するために、東濃桧原産地の東白川村森林組合と、そこで伐採された木を加工する東白川製材共同組合と密接に関わり、生産地に自社の東白川村自然乾燥センターを設けることにしました。
森からの恩恵を森に返すことが、森で働く村の林業の活性化、家を建てるお客様の安心や幸せにつながっています。

今、日本の森林が「荒れている」って知っていますか?

日本の多くの森では、木材用として育てている木を適切に管理する体制が十分に出来ていません。その原因の一つに、昔に比べて、家づくりに使う国産木材の量が減少しているという実情があります。
国産木材の消費の低迷は、当然のことながら林業の低迷につながり、その結果、自然と調和するべき森が機能しなくなりつつあるのです。

子どもたちの未来に豊かな環境を残すため、森を育むことはとても大切なことです。
しかしながら、日本の森の現状は様々な問題を含んでいます。日本の森のために私たちができる活動の一つとして、「使う」と「植える」の循環が適正に行われるための取り組みには大きな意義があるということを、できれば多くの方に知っていただきたいと思っています。

木を使うことは森が元気になる

自然と調和できる豊かな森をつくるには、その森の便益を余すことなく活用し、循環し続けることが大切なのです。

森で育った木を適切に伐採し、新しい木を植えてバランスを保つ。それによって森は、雨風など自然の気象状況や変化する四季と調和し、山を流れる水や土壌を健康に保つことができるのです。

未来の世代のために森を保護する活動は世界中で進められており、日本でもFSC認証(※)を取得して、国際基準に基づく森林管理が進められています。

林業はもちろんのこと、われわれ住宅業界においても、FSCの基準を満たす木材を使用することで、森を適切に管理する社会貢献活動に参加でき、森を守る活動につながっているのです。

(※)FSC:森林管理およびその森林から産する木材の流通・加工プロセスを認証する国際機関。

土地探しや家づくりの資料請求・小冊子どこで建てても役立つプレゼントは無料です。どの資料も家づくりのコツやノウハウが満載です。資料やお問い合わせされても、売り込みや訪問営業は一切しません!ぜひ、この機会にあなたの家づくりにお役立てください。お待ちしております!インターネットからの資料請求&無料プレゼントはこちら

東陽住建株式会社 代表取締役社長 中井義也

メールやパソコンが苦手な方は、ご相談だけのお電話だけでも大歓迎!!もちろん匿名での電話もOK!売り込み営業もしません。ご安心ください!

電話番号 0120-012-106(営業時間 9:00〜18:00 定休日 水曜日)

インターネットからの資料請求&無料プレゼントはこちら