こだわりの職人魂!驚きの自社施工基準

家が丈夫で長持ちするためには、構造や建材が良いだけではダメです。それらを施工する職人の技術や『いい家』を造りたいという『想い』がとても大事だと思っています。そんな『想い』から、自社施工基準が生まれました。これらの内容は家の価格からは見えない内容です。つまり、同じ価格なら東陽の家の質が良いという自信があります。じっくりご覧ください。

驚きの自社施工基準

自社基準1. 『柱』

柱は多くの建築が182cmピッチ(間隔)で建てられています。どんなに柱が太くても、柱の本数が少なければ震災などの強い負荷にはかないません。そこで、私たち東陽の家では、柱を91cmピッチ(間隔)で、設計し柱を配置することにより、確かな強度を持つ家を建てることができるのです。

自社基準 2. 『梁』

家の梁は、家の強度を考えるうえでとっても重要な選択です。
いくら柱が太くて、細かく入っていても、柱と上手く調和のとれるしっかりとした梁が重要です。
東陽の家で設計する梁は、従来の木造住宅に比べて太く設計します。そのため、揺れに対して家にかかる負荷をうまく逃がし、木の粘り強さを活かして家の強度を高めます。

自社基準 3. 『ひのきの土台』

土台にも東濃ひのきを使用します。ひのきの特性には防蟻効果もあるため、土台にも適しています。土台の素材は家を長く保つために大きく左右されるため、調和のとれる家づくりへ欠かせない構造材のひとつです。

自社基準 4. 『ひのきの屋根板』

家を長持ちさせるには、見えない所をしっかりつくる必要があります。家の屋根裏もそのひとつです。木造住宅の屋根裏には熱がたまりやすく、家を熱や湿度からのダメージから守るためには、その熱を吸収し、中和させる必要があります。そこで、屋根裏の板に吸湿し熱に強いもひのき材を採用することで、高温多湿になりがちな屋根裏のダメージを回避させるのです。

自社基準 5. 『太い筋かい(すじかい)』

木の家づくりには、筋かい(すじかい)と呼ばれる構造体が必要です。通常の基準よりも太い筋かいを使用することで、地震への対策、家の強度を高めます。

自社基準 6.『基礎』

基礎は『ベタ基礎工法』を採用しています。基礎自体を一体の箱にしてしまい、合成を高めた工法です。大切な部分ですから、一番強いと言われる工法を採用しています。鉄筋150mmピッチ(間隔)に配置することで、コンクリートが持つ強度を高めた基礎になります。

自社基準 7.『高耐震金物』

長く強度を保ち続けるものを厳選し、何度も検証を重ね、耐震強度に徹底した耐震金物は、住まいや暮らしで日常的に目にする機会はありませんが、家の確かな強さに欠かせない大切な具材のひとつです。

 

 

土地探しや家づくりの資料請求・小冊子どこで建てても役立つプレゼントは無料です。どの資料も家づくりのコツやノウハウが満載です。資料やお問い合わせされても、売り込みや訪問営業は一切しません!ぜひ、この機会にあなたの家づくりにお役立てください。お待ちしております!インターネットからの資料請求&無料プレゼントはこちら

東陽住建株式会社 代表取締役社長 中井義也

メールやパソコンが苦手な方は、ご相談だけのお電話だけでも大歓迎!!もちろん匿名での電話もOK!売り込み営業もしません。ご安心ください!

電話番号 0120-012-106(営業時間 9:00〜18:00 定休日 水曜日)

インターネットからの資料請求&無料プレゼントはこちら