愛知・岐阜でもっとも適した家 東農桧の家

無垢の柱には、岐阜県東白川の東濃桧が一番です

桧(ひのき)は、岐阜・奈良・九州など産地は全国にありますが、私たちは岐阜県東白川の東濃桧を選定しました。理由は、奥深い山奥の寒い地域で育った東農桧は、気温の寒暖の差が激しい環境で育つため、年輪が細く目の詰まった良質な強くて美しい木材に育ちます。また岐阜県東白川村は、木の管理体制もしっかりしており、良質な桧が育つ仕組みができあがっています。そして、何より自分たちの目で、それらを確認できる距離にある岐阜県ということもあり、安心して選定しました。

無垢の桧は、伐採後200年強度を増し続けるので構造材に最適です

千三百年も世界遺産を支える檜の強さが証明しています。
桧は、伐採後200年は強くなり続けて、1000年という長い時間を経て、ゆっくりと元の強度に戻っていく構造材です。これは、世界最古の木造建築の法隆寺が、1300年経った今でも残っていることで証明されていると言えます。それとは逆に『集成材』は歴史も数十年と浅く、後でお話する不安な点が残るため、当社では構造材に『集成材』は一切使いませんので、ご安心ください。

無垢の構造材は燃えても強度が低下しにくい。住宅火災で室内温度は500~1200度

木材は火で燃えますが、酸素がないと燃えません。ある程度の太さや厚みがある柱や梁(断面が大きい)は、燃えると表面に炭化層を成形します。この黒い炭化層は熱を伝えにくく、また内部に酸素がないため、火の内部への進行を妨げて、木材の強度が低下しにくくなる性質を持っています。ちなみに、火事は500~1200度と言われていますが、鉄は400度を超えると強度性能が急激になくなります。したがって、非難する時間を稼げる太い木材を構造材に使った木の家が理想と言えます。

出典:富山県木材組合連合会
http://www.jawic.or.jp/riyouhou/mnl.php?idx=6

「住まいとともに育つ家」 人と人をつなぎ、育む「木の家」

木の温かみや安らぎを知っていても「桧の家は高価で贅沢なもの」のイメージされる方が多くなっています。古来から、日本の建築は木造が主流であり、大工さんが建てるものでありましたが、地域の工務店が衰退し、一部の大工さんは大手住宅メーカーの仕様に沿ったマニュアル通りの工法に移行してしまいました。そうしたことから、棟梁が建てる家が減ってしまい、家を建てる大工さんが持つ素晴らしい技術の継承者が少なくなっていることも現実です。大工さんは木の家を建てる技術を持っているのに「木の家の良さ」を伝える場が無い。一方では、核家族が増え、団地やマンションなど鉄筋コンクリート造の住まいで育ち、「木の家」の住み心地を実感できないままに、いざ「家づくり」のスタート地点に立って選択肢の多さに迷っておられる若いご夫婦にもたくさんお会いしてきました。今のお客様は、住まいに関しての情報収集や勉強にとても熱心であることにも驚かされます。大切なご家族のために「食」を通じた体験をし、知識を増やし健全な食生活を実践する「食育」があるように自らの「住」について知識を増やし、安心できる住空間で、健康で快適な「住まい」を実現するための「住育(じゅういく)」を家づくりの現場にいる私たちがお伝えしすることも使命だと実感しています。そうしたことから、木の良さを伝えるのも、木の家の技術を継承していくことも工務店の大切な役割だと感じています。私たちが目指すことは、建物を築くではなく、住まいを育て、顔の見える人と人のお付き合いができることなのです。

ひのきの育つ森で大黒柱を選ぶ、大自然と向き合う住育と思い出づくりを

はじめての家づくりに、迷いや不安を抱えるお客様が多いことは当然のことです。そのなかで、どうあるべきか、何をすべきかを考え、林業と密着した私たち工務店だからこそ出来ること。それは、家を作る現場をお見せすることはもちろんのこと、木が森で育ち、木材となるその現場すべてをご覧いただけることを実現しています。良質な木材を使うために素材の産地である林業と密接に関わってきた当社だから自信を持ってご案内しています。東濃ひのきが育つ東白川村の村役場やいろいろな機関と連携をして、お客様の大切な「家」の素材が生まれた自然の東濃ひのきの特徴を育った環境である山を見ていただく事も確かな安心に繋がることだと考えています。森へ足を運び、大切な大黒柱を選んでいただくこと。木が伐採され、製材される行程をしっかりとご覧いただくこと。ご家族やお子様と一緒に参加いただける「住育」の場として1棟の家が材料からカタチになるまでの全てがご覧いただけます。実際に森で大黒柱を選ばれたお客様からは、「家もまるで自分の子供と同様、家族全員が家とともに成長し、思いやり、大切にする心を育み仲良く暮らせる秘訣です」とお話いただいています。

大切な未来に続く家だから、ゆっくり時間をかけて

私たちは、まず「家づくりにじっくり時間をかけてください。何度でも何時間でも打ち合わせしましょう」とお伝えしています。家づくりのなかでさまざまな選択肢が多く、迷うポイントが次々と出てくることも事実です。私たちはそのお客様おひとりおひとりの「迷い」や「不安」のひとつひとつを家づくりの経験や知識から得た事例プロの立場から、わかりやすい言葉で丁寧に説明し、お客様がご納得して家づくりを進められるよう有資格者のスタッフでサポート体制を整えています。また、家づくりにはお金も重要です。私たちはお客様に1円も損をさせたくないと思っています。だからこそ、無駄な経費をかけることなく、お客様がそれぞれに知りたい情報を個別にご提供できるように必要以上のカタログは作っていません。素材や工法、資金繰りから見積書の部品ひとつひとつ細やかな部分全て当社スタッフが家づくりのエキスパートがとしてわかりやすい言葉で丁寧に説明することに努めています。そして住宅展示場で1棟の家をご覧いただくよりも、これまでに造ってきた家とそのご家族、現在施工中の家と職人達がなによりも「木の家の良さ」「家づくりのポイント」、「木の家の暮らし」を伝えてくれるのです。長く暮らす家だからこそ、どうかゆっくり時間をかけて末永く愛せる最高の家づくりを思いきり楽しんで欲しいと願っています。

土地探しや家づくりの資料請求・小冊子どこで建てても役立つプレゼントは無料です。どの資料も家づくりのコツやノウハウが満載です。資料やお問い合わせされても、売り込みや訪問営業は一切しません!ぜひ、この機会にあなたの家づくりにお役立てください。お待ちしております!インターネットからの資料請求&無料プレゼントはこちら

東陽住建株式会社 代表取締役社長 中井義也

メールやパソコンが苦手な方は、ご相談だけのお電話だけでも大歓迎!!もちろん匿名での電話もOK!売り込み営業もしません。ご安心ください!

電話番号 0120-012-106(営業時間 9:00〜18:00 定休日 水曜日)

インターネットからの資料請求&無料プレゼントはこちら