家づくりの根幹を考える|木の家の注文住宅なら一宮市の東陽住建

2018年7月1日

木の家づくり報告。
「性能って何だろう」
・・・家づくりの根幹を考える。

いつもブログをご覧頂いてありがとうございます。
東陽住建の中井義也です。

家づくりを始めると、
急に聞きなれない言葉に出会います。

ZEHやパッシブ。。。
実は、住宅関連の人たちでも、本当のところを
わかっているか?疑問の残るところですが、
詳しい解説はおいおいしていきます。

今回のブログでは、家の性能ってことを
ちょっと考えてみたいです。

家は性能。
私は、この部分には、
「ちょっと待った!」と一言
入れたいのです。

家をつくるときに
一定の性能と基準は必要です。

ただ、
そのスペックにこだわると
必ず、弊害が起こるのです。

例えば、
気密という点で考えてみましょう。

気密を上げすぎるとどういうことが起こるか?
確かに断熱性能は上がり、エネルギーコストも
下がるでしょう。

でも、そこは、
人が住む空間ではなくなります。
イメージすると、密閉された箱の中。
息が詰まりそうです。

そのために、必要なのが
「換気」計画です。

この換気計画も曲者で、
しっかりと計画が出来ていないと、
空気の循環が起こらず、よどんでしまうのです。
これは、健康被害につながります。

さらに、窓。
気密のことを考えると、
大きな窓は設けれないというのが、
実情です。

やり方は色々とあるのですが、
性能を求めるあまり、最近窓が小さい家が多くなり、
掃きだしの大きい窓が減ったのは、そのせいです。

窓は、外とのつながりですし、
自然の流れの一部として家があるなら、
大きな窓は必須だと思うし、
私は大切にしたい。

今、エネルギーの問題から、
住宅の性能値が求められていますが、
それを突き詰めすぎると、
本来大事にしないければいけない、
住む人のことを思う

快適性や過ごしやすさ

というのが、ないがしろに
されてしまうのです。

家の性能はもう当たり前の話。
そろそろ、家づくりを本来の
形に戻し、本当に快適で、過ごしやすい
そのためにどんな家づくりにするか?

「そろそろ家の話をしようじゃないか?」

家づくりの根幹の話をしよう
と提案したい今日この頃です。

家って言うのは、本来大事なのは、
すごしやすくて、家族が楽しく暮らせる。
だって、家にいる時間は長いから。

そう、家をつくるのは、人生をつくること。

だからこそ、もっと
暮らし方やすごし方にフォーカスしたほうが
いいのではと思うのです。

ちなみに今度、
木の家が良い家にするために必要な理由がわかる
見学会をやります!

7月7・8日(土日)です。
また、ご案内させてください。

今日もブログ読んでいただき、
ありがとうございます。

土地探しや家づくりの資料請求・小冊子どこで建てても役立つプレゼントは無料です。どの資料も家づくりのコツやノウハウが満載です。資料やお問い合わせされても、売り込みや訪問営業は一切しません!ぜひ、この機会にあなたの家づくりにお役立てください。お待ちしております!インターネットからの資料請求&無料プレゼントはこちら

東陽住建株式会社 代表取締役社長 中井義也

メールやパソコンが苦手な方は、ご相談だけのお電話だけでも大歓迎!!もちろん匿名での電話もOK!売り込み営業もしません。ご安心ください!

電話番号 0120-012-106(営業時間 9:00〜18:00 定休日 水曜日)

インターネットからの資料請求&無料プレゼントはこちら